ラーメン屋を開業し成功するプロセス

ラーメン屋開業の手続き・お金記事一覧

報道するネタがなかったら、とりあえずラーメン特集で視聴率を稼げ!なんていわれるほど、老若男女問わずに人気を博しているラーメン。飲食店を始めるなら、かなりお薦めの業種といえます。もちろん、どんなお店をオープンするにしろ、努力なくして成功は不可能です。いくらラーメン屋がアツイとはいえ、成功するのが簡単とはいえません。しかし、成功すれば一攫千金も夢ではないのです。学歴関係なしに成功するには、もってこいの...

ラーメン屋を一から開業するなら、資金は大体、1500万円から2000万円くらいが一般的でしょう。思っていたより高いかもしれませんね。ですが、開業費用には、設備投資だけでなく運転資金も必要なので、これくらいは準備しておかないと厳しいのです。簡単に内訳を説明しましょう。まずは、設備資金。権利金を始め、敷金・礼金、仲介料などに約300万円ほど。厨房と内装の工事、外装と看板などに約1200万円ほど。厨房の...

ラーメン屋を開業した後にも、様々な経費がかかります。開業するにあたり店舗を借りる費用や登録の費用、さらに店舗の内装や外装、厨房の費用などが必要でした。これらに加え、開業後は従業員に払う給料や材料費といった運転資金が必要となります。店舗を借りている場合は、毎月の家賃も必要になりますし、電気やガス、水道の料金などの光熱費もそれなりにかかることでしょう。また、集客のためのチラシや広告宣伝費用もかければ、...

ラーメン屋は飲食店なので、開業するには、届け出が必要です。まずは、必要な準備を整えましょう。資格としては、食品衛生管理者資格が必要です。これは、一店舗に一人いれば大丈夫です。この資格を準備した後は、開業の一週間前までに開業する地域を管轄している「保健所」に届け出をだします。すると、保健所の検査が入ります。検査されるのは、お店の衛生に関する項目です。これはとても厳しいので、事前にポイントを把握し、設...

ラーメン屋を開業するにあたり、まず法人にするか、個人事業主にするか悩むところではないでしょうか。法人と個人事業主の違いは、法人の場合、社長に就任して会社を設立するのに対し、個人事業主の場合は、会社の設立をせずにビジネスを行っていくことになります。繁盛しているラーメン屋の特徴としては、最初から法人での経営をする所が多いようですよ。法人は資金調達がしやすい事や税金を節税できるというメリットがあります。...

ラーメン屋を開業し、倒産・廃業してしまうケースには、売り上げ不振があります。想像していたほど売り上げが伸びない。または、当初は順調な売り上げだったにも関わらず、年月を重ねることで、立地の変化が起こって人の流れが変わってしまったり、景気の悪化など外部の環境が変化してしまったために、売り上げ不振に陥るということもあるようです。また、売り上げ不振の大きな要因として、競合店の進出ということもあげられるので...

ラーメン屋の開業だけに限らず、飲食店を始めるには、食品衛生責任者の資格が必要です。これは、経営者以外の人でも構いません。資格を持つ人間を誰か一人おけば大丈夫です。ただ、資格があれば、お店をさらに増やす時にも手間が掛からないですし、自分で取得しておく方が何かと便利でしょう。食品衛生責任者には、調理師・栄養士・製菓衛生士・食品衛生管理者などの資格を持っていればそれだけでなれます。二年以上の調理経験のあ...

ラーメン屋のフランチャイズに加入して起業するメリットは、手っ取り早いということです。フランチャイズ加入をすると、開店までに研修を行ってくれますし、開業後も運営のノウハウをしっかりと学ぶことができます。フランチャイズ本部の方針やノウハウを一から学べますから、ラーメン業界の知識や経験が乏しい状態で開業を望む人でも、簡単にラーメン屋を開業することができるのです。また、フランチャイズ加入することで、誰でも...

ラーメン屋をフランチャイズ加入で開業するデメリットって、何だと思いますか?大きなデメリットは、初期費用の金銭的デメリットです。フランチャイズ加入には、開業後の宣伝広告などを本部が行ってくれるメリットがありますが、フランチャイズ加入のためには、加盟金や保証金など、会社設立と同等の費用が必要なのです。また、開業準備の手数料や商品準備、内装工事や販促費用など、多くの費用が必要になるんですよ。フランチャイ...